saita2-1.png saita2-2.png saita2_cg2.jpg saita2_cg1.jpg saita2_cg4.jpg saita2_cg3.jpg saita2_24.png saita2_25.png saita2_27.png saita2_28.png saita2_31.png saita2_32.png saita2_44.png

サイタハウス2

30坪弱の木造2階建て住宅のリノベーション。
実はこの住宅、もともと平屋建ての上に2階部分が増築されていることが調査時に判明。であるなら、2階部分は後乗せ的なこの家の物語を外装を分けることで表現している。
内部は家族5人が住むには手狭ではあるが、子供部屋を「寝る場所」と「学ぶ場所」と「収める場所」に分解することで、扱うピースを小さくし既存住宅の決められたスペースを有効に使っている。

耐震補強と内外装の改修を含めるとコストオーバーとなってしまい、この中でどれかを諦める選択肢を検討したが、土地と住宅建設の単価が安い地方都市では新築に敵うコストパフォーマンスを実現できないとの判断で計画は中止となった。この辺りは今後の課題。
それと、耐震補強に対する補助金制度も中古住宅の持ち主を前提としていて、購入者にとっては敷居の高い制度であるということを今回学んだ。

担当: 谷紀明 所在地: 徳島県鳴門市 設計期間: 2013年3月~2013年11月 完成年月: 構造設計: 設備設計: 施工: 構造形式: 在来軸組工法 建物規模: 地上2階建 96.6平米