ショッピングモールに入るうどん屋さんの計画。
お話を頂いた時点で周辺のテナントは工事をスタートさせる直前で、かなりのスピードで設計を終わらせる必要があった。クライアントからは和のイメージを求められ、モールからはグルメゾーンのデザインコードが与えられていたため初期イメージを悩むことはなかった。
しかしながら、このデザインコードのせいで周辺店舗が全てよく似た意匠になることが想定され、少し煩いような気がした。そこで、当該店舗を周辺店舗がひしめく中にある中庭のような位置づけにできないか?というところからイメージを膨らませていった。店舗の内壁は中庭から見る隣の店舗(家)の外壁と見立てると各構面ごとに違った雰囲気を持たせることができるのではないかと試行錯誤した。最終的には避難安全検証により天井をさわることが現実的に不可能だったことや、コストの面からやろうとしたことは随分削ぎ落とした格好になったが、庭でご飯を食べるおおらかな雰囲気を店内に持たせられるように提案している。
※諸事情により竣工写真は未撮影

完成年月2017年4月建物規模所在地徳島県徳島市担当谷紀明施工n.works house design構造形式構造設計設備設計設計期間2016年12月~2017年1月

Privacy Preference Center