施主は、住戸に茶室を設えたRC造の明確なプランを持っていた。
その内容を踏まえて検討したが、都市部の交通量の多い道路に面した狭小地での計画だった為、RC造での計画はコストオーバーになると思われた。そこで希望であった茶室のみをRC造として象徴的に扱うことで住宅の骨格に据えた計画とした。

完成年月建物規模所在地徳島県徳島市担当谷 紀明施工構造形式鉄骨造一部RC造構造設計設備設計設計期間

Privacy Preference Center